本文へスキップ

三重県鈴鹿市でパソコン修理、販売等を行っております。パソコンに関するお困り事はアイデザイン研究所まで!

TEL. 059-386-2121

〒510-0226 三重県鈴鹿市岸岡町2877-1
サンビレッジ千代崎1-E号

PC事業部PCサービス概要

IDKホームPC事業部ホーム修理サービス      

修理サービス

■ご使用のパソコンから下の症状に似たような症状が現れたときは、故障の
 可能性があります!「困ったなぁ!」と思ったら弊社にお電話ください!
 他店で購入されたパソコンでも自作のパソコンでも修理いたします。
 ご相談は無料!
お気軽にお問い合わせください。

修理例1修理例2修理例3修理例4


パソコン修理には電気・電子回路の知識が必要か!?
パソコンは、たくさんのパーツが組み込まれてできています。これらのパーツには電子回路基板(以下「基板」といいます。)が組み込まれ、その基板が各パーツを制御してパソコンを動作させています。
このパソコンの修理には、パソコン全般の知識や各パーツの知識、そして豊富な修理経験が必要不可欠ですが、残念ながらそれだけでは基板が故障した場所を特定することは非常に困難です。その中でも、目視で特定できる基板内のコンデンサ不良やハンダ割れなどは、基板の専門知識・経験が無くても修理は可能ですが目視で特定できない部品が壊れている場合はほぼ修理は不可能です。このような場合、たいていはパーツ交換修理で済ませるパソコン修理ショップが多いようですが本当にそれで良いのか私たちは疑問が残ります。
パソコン全般の知識や修理経験だけでなく、基板の専門知識と設計・製作の経験があれば、さらに幅広い観点から修理方法を考案し、お客様に的確なご提案ができるものと私たちは考えています。


弊社PC事業部の強み
 1.パソコン全般と基板回路に詳しいスタッフ      
   パソコン修理だけでなく、電子回路基板が組み込まれたあらゆる機器の修理実績を持った
   スタッフが、そのノウハウを発揮してお客様のニーズに合わせて的確な修理を行います。


 2.豊富な修理実績      
   パソコンの故障修理において、記録メディアが物理障害を起こしたものでも長年の経験と
   実績、独自の手法でデータを救出しパソコン本体も併せて修理しています。
   このようなデータ救出・復旧を含む修理全般も対応しています。


 3.データの復旧・復元・救出における豊富な実績      
   パソコンのデータ復旧だけでなく、弊社ではあらゆる記録メディアのデータ修復・救出・
   復旧も行っています。
   長年の実績と専門知識を持ったスタッフが全力を尽くして対応します。

    
主な不具合症状
 ▼パソコンが故障した
  ・電源スイッチを入れても起動しない。
  ・電源を入れたとき、または操作途中でブルースクリーンになってしまう。
  ・動作途中で突然電源が切れる。または電源が入らない。
  ・電源を入れた後、Windowsのロゴが出て、その後進まない。
  ・使用中、勝手に再起動してしまう。
  ・パソコンから「カチカチ」または「カシャカシャ」などの異音がする。


 ▼液晶モニタ・液晶ディスプレイが故障した
  ・パソコン本体は動いているが画面(液晶モニタ)が映らない。
  ・画面(液晶モニタ・液晶ディスプレイ)が暗い、画面が時々変色してちらつく。
  ・画面(液晶モニタ・液晶ディスプレイ)全体が白くなってきた。
  ・液晶モニタを落として画面が割れた。または傷が付いてしまった。
  ・画面(液晶モニタ・液晶ディスプレイ)の色が、赤みがかってきた。


 ▼キーボードが故障した!?
  ・キーボードエラーが出る。
  ・一部のキーが反応しない、または誤った文字が入力されてしまう。
  ・「ピーピー」と音がしてWindowsが立ち上がらない。


 ▼起動・動作が遅くなった!
  ・最近、起動時間が長くなった。
  ・アプリケーションの立ち上がりが遅くなった。
  
 ▼画面が突然固まるようになった!
  ・パソコンを起動してからすぐに画面が固まるようになった。
  ・アプリケーションを使用中、画面がよく固まるようになった。

 ▼メーカーにパソコンの修理を依頼したが断られた。
  ・パソコンが壊れたのでメーカーに修理を依頼したが、古いパソコンのため部品が無いとい
   う理由で断られた。仕事で使うパソコンなので出来ることなら修理をしたい。
  ・既に倒産しているお店で、以前作ってもらったオリジナルパソコンが故障してしまったの
   で修理を依頼したい。

  
 ▼産業用パソコン・産業用サーバーが故障した。
  ・工場にある装置に付いている古いパソコンが故障したので修理を依頼したい。
  ・検査装置付属のパソコンが故障したので修理を依頼したい。
  ・産業ロボットのサーバーが故障したので修理を依頼したい。
  ・生産ライン監視用カメラのサーバーが故障したので修理を依頼したい。
  ・防犯カメラのサーバーが故障したので修理を依頼したい。  
     
   詳しくは「産業用パソコン修理サービス」をご覧ください。


 ▼ウィルスに感染したかも!?
  ・パソコンの動作が急に重くなり不安定になった。
  ・ブラウザのお気に入りに登録した覚えのないリンクが追加されている。
  ・知らない間にファイルが無くなっている(勝手に消去されている)。
  ・メール送信したこともないところから、頻繁にメールが届くようになった(もしかして個
   人情報が知らない間に流出されているのかも!?)


 ▼インターネットやメールの送受信ができない
  ・インターネットにつながらない!
  ・メールの送受信ができない!


 ▼複合機やプリンタで印刷できない。
  ・LANに接続されている複合機から印刷ができなくなった。
  ・新しく購入したプリンタをパソコンに直接接続したが印刷できない。


過去の修理事例
PC
 一般向けパソコンやビジネスパソコンなどのコンピュータ製
 品の主な修理事例は右のバナーからご覧いただけます。



【産業用パソコンやFAパソコンなどの修理サービス】
PC
 産業用パソコンや生産設備用パソコンなどのコンピュータ製
 品の修理サービスのご案内は右のバナーからご覧いただけま
 す。



データ復旧・救出サービス

HDD ■突然、大切なデータを失ってお困りではありませんか?
 弊社では、パソコンのデータだけでなく、サーバーや外付けハード
 ディスクのデータはもちろんのこと、USBメモリやSDカードの
 データなど、あらゆる記録メディアのデータ復旧・復元・救出を行
 っています。
 お困りの際はお気軽にご相談下さい。


ご相談や診断は無料ですのでご安心下さい! 

素早い対応をすればデータの大半は復旧可能
 データ消失トラブルのほとんどは、データを消失してしまった時点で適切な処置をすればデー
 タの大半が復旧可能となります。しかし、データが消失してからでも、そのまま記録メディア
 を使い続けるとデータ復旧の確率が経過と共に低下し、最悪の場合はデータの復旧ができない
 状態にまでしてしまうことになります。
 また、データや記録メディアが損傷や経年劣化等を起した場合、そう簡単にはデータを復旧・
 救出することができなくなってしまいます。


データ障害には二つの障害がある!
 ▼論理障害と物理障害
  データ障害には論理障害と物理障害の二つの障害があります。論理障害とはデータを誤って
  削除してしまったなどの人的ミスによるものが大半です。一方で物理障害はデータを記憶し
  ているメディアが何らかの原因で破損するなど、物理的な原因でデータを取り出すことがで
  きなくなった場合をいいます。
  データ障害の度合いの考え方は、データ復旧専門業者やパソコン修理ショップなどによって
  まちまちですが、おおむね上記で述べた二つの障害に対して、それぞれ軽度障害・中度障害
  ・重度障害の三つに区分され、各症状によって修理の方法や費用が異なってきます。

     
 ▼市販のデータ復旧ソフトを使えばデータが回復できるの?

  インターネットや電気店のソフトウェア売り場で「データ復旧ソフト」が販売されています。
  最近はフリーソフトもインターネット上からダウンロード出来るようです。これらのソフト
  を使ってデータを復旧することは可能です。上手く行えばキレイに治ってしまうことも少な
  くありません。但し、軽度の論理障害のみとお考えいただいたほうが良いと思われます。

  <注意>
  フリーソフトや市販のソフトでデータが復元できなかった場合、やみくもに操作するとデー
  タ復旧率が急激に低下します。その後、弊社へご依頼いただいたとしても最悪、復旧不可能
  になっていることがありますのでご注意ください。また、ハードディスクにデータ復旧ソフ
  トを使用する場合はデータ消失の原因が論理障害であると断言できるときに限り復旧の可能
  性があります。しかし、物理障害の可能性があるときや原因が不明なときは使用をお控くだ
  さい。このようなときに使用すると障害を起こした記録メディアが更にダメージを受け、取
  り返しのつかない事になる可能性があります。


アイデザイン研究所のデータ復旧・救出
 ▼弊社だからできる総合的なアプローチ対応

  重要なデータを誤って消してしまった!必要なデータに上書きしてしまった!パソコンの電
  源を入れてもしばらくすると電源が落ちてしまう!など、さまざまな事故や故障によってデ
  ータを失ってしまうケースがあります。
  弊社では、データ復旧専門会社とは違う観点から総合的なアプローチを図りデータ復旧・救
  出を行っています。
  
  例えば、パソコン本体や外付けハードディスクなどの電子機器が故障して、データを取り出
  すことができない場合があります。このような場合は、物理的な修理技術とデータ復旧・救
  出に対する豊富な知識・経験がなければ対処できません。
  
 ▼総合的な観点で対応するから安心!
  データ復旧・救出サービスにおいては、データ復旧のみをご依頼されるお客様もいますが大
  半のご依頼はパソコンや外付けハードディスクなどの電子機器の故障によるデータ救出や、
  軽度・中度の論理障害によるデータ復旧・救出です。
  
  原因が電子機器の故障によるものなのか、記録メディアの破損や経年劣化等によるものなの
  か、または人的ミスによる論理障害なのか総合的な観点で原因を特定し対処しております。
  さらに、お客様のご希望に合わせてデータの復旧・救出を行いますので、余分な費用がかか
  ることはありません。
  
 ▼重度の障害にも対応!
  データ障害の大半は、ちょっとしたことで復旧可能ですが、なかには中度・重度の物理障害
  によるものもあります。
  物理障害を起こした状態にもよりますが、弊社では独自の方法でデータを復旧・救出してい
  ます。
  但し、弊社だけでは不可能な重度の障害の場合もあります。この場合は弊社と技術供与して
  いるデータ復旧専門会社と一緒に対応しておりますのでご安心ください。

 ▼論理障害と物理障害
  データ障害には論理障害と物理障害の二つの障害があります。論理障害とはデータを誤って
  削除してしまったなどの人的ミスによるものが大半です。一方で物理障害はデータを記憶し
  ているメディアが何らかの原因で破損するなど、物理的な原因でデータを取り出すことがで
  きなくなった場合をいいます。
  データ障害の度合いの考え方は、データ復旧専門業者やパソコン修理ショップなどによって
  まちまちですが、おおむね上記で述べた二つの障害に対して、それぞれ軽度障害・中度障害
  ・重度障害の三つに区分さ
  れ、各症状によって修理の方法や費用が異なってきます。


主な不具合の症例
 ▼大事なデータを消してしまった。

  ・消してしまったメールデータを復元してほしい。
  ・間違ってデータを消してしまった。

 ▼PC内のデータを取り出したい!

  ・ネットワークから開くとLink Stationの「○○にアクセスできません」と表
   示する。
  ・Link Stationの共有フォルダにアクセスできなくなった。
  ・USBメモリ内のデータを間違って消してしまった。
  ・パソコンに接続してもUSBメモリが認識してくれない。
  ・デジタルカメラのSDカード内の写真画像を間違って消してしまった。
  ・テレビに接続した外付けハードディスクの画像データを間違えて消してしまった。
  
・以前壊れたパソコンからのデータを取り出したい。

 ▼パソコンがおかしい!

  ・パソコンから「カチカチ」または「カシャカシャ」などの異音がする。
  ・パソコンに接続した外付けハードディスクを開いたとき、突然「フォーマットしますか?
   」と画面に表示され、外付けハードディスク内のデータを見ることができない。
  ・パソコンを立ち上げたけどWindowsのロゴ画面にならず英語のメッセージが表示さ
   れる。
  ・スキャンディスクの操作をしてないのに勝手に動作してしまう。


弊社対応の主なメディア
  
  パソコン サーバー LinkStation USB

  コンパクトフラッシュ TeraStation 外付けHDD LAN DISK
 
  ・故障原因を特定し、症状に合わせて対処方法を決定します。
  ・ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
  ・データ復旧・救出サービスは、必ずしもデータが100%復旧・復元できるとは限りませ
   んので、予めご理解のほどよろしくお願いいたします。
  ・データ復旧・救出サービスの料金につきましては、料金表をご覧ください。


パソコン機能増強・性能強化サービス

workstation ■パソコンの機能増設や機能強化は弊社にお任せ下さい!
 パソコン内のハードディスクの損傷や経年劣化などによって大切な
 データを消失してしまうと大変です。そうなる前に、お使いのパソ
 コンにデータバックアップ機能の増設をオススメします。
 そのほかの機能増設や性能アップなども承っております。


   ご相談は無料!お気軽にお問い合わせください。


ハードディスクの機械的寿命
 ハードディスクはSSD(ソリッドステートドライブ)やコンパクト
 フラッシュ等と違って可動部分があることから寿命が比較的短いのが多いのです。ハードディ
 スクの平均寿命はメーカーやタイプ、サイズ、インターフェイス方式、使用環境など多くの要
 素で変わってきますが、およそ4年が平均と考えられています。
 但し、ハードディスクには当たり外れがあり運送中に受けたダメージや環境などで思った以上
 に早く壊れることがあります。


データバックアップの重要性
 使っているパソコンのハードディスクが突然クラッシュし、それには重要なデータが入ってい
 たら、誰でもそのデータを復旧して欲しいと思うのが当然です。重要度の低いデータなら諦め
 もつきますが、大事な仕事のデータや、大切な家族の写真や動画などはそう簡単に諦められな
 いのではないでしょうか。記録メディアの物理障害によるデータ復旧は、データ容量や故障の
 状態によってその費用は変わりますが重度の障害の場合は十数万円もかかることがあります。
 しかも、全てのデータが復旧・救出できるとは限りません。パソコンにデータバックアップ機
 能を増設するよりも、はるかに高額費用を支払うことにもなりかねません。
 重要なデータは、ぜひバックアップをとっていただくことをオススメします。


お手軽データバックアップの種類
 データバックアップは、その目的や用途に合わせて方法を選定した方が安くなります。ご自分
 で簡単にできる方法はおおむね次のとおりです。是非一度お試しください。
 1.外付けハードディスクを使って定期的にデータを手動でバックアップする方法
 2.オンラインストレージを使ってデータをバックアップする方法
 3.外付けハードディスク+市販ソフトを使ってデータを定期的に自動バックアップさせる方
   法
 4.RAID(レイド)機能付きLAN接続型ハードディスクを使ってデータを定期的に自動
   でバックアップさせる方法
   そのほかにもいくつか方法はありますが、ハードディスクが一つしか内蔵されていないノ
   ートパソコンなどは、上記4つの方法の中で選定されることをオススメします。
   外付けハードディスクを使って手動でバックアップする場合は、USBメモリやSDカー
   ドに置き換えてバックアップしても良いとは思いますが、バックアップデータの容量が増
   える可能性がある場合、現時点ではやはり外付けハードディスクをオススメします。

RAID(レイド)機能付きLAN接続型ハードディスクは、I/OデータやBUFFALOから販売されています。但し、設定をしなければならないのと、取扱説明書に専門用語が少し含まれていますので、不明な点はメーカーにお問い合わせください。

 弊社で記録メディアをご購入いただいたお客様は、無料でご相談をお受け
 しております。また、有償ですが出張訪問による設定も行っておりますの
 で、お気軽にご相談下さい。


 <注意>
バックアップデータをパソコン内蔵の普段使っているハードディスクに保存することは良くありません。操作ミスによってデータが消失した場合のデータ復元目的なら、この方法でも良いと思います。
しかし、そのハードディスクが突然クラッシュした場合は、保存されているデータとそのバックアップデータが消失しますので、データバックアップという観点からすればあまり意味がありません。



個人事業主様・法人様にオススメのデータバックアップ
事務所やお店でご使用になられているパソコンのデータバックアップ対策はお済みですか。まだお済みでない方は一度ご検討いただいては如何でしょうか。地震や津波、大雨などの災害から会社の大切なデータを、守るためにデータバックアップは欠かせません。サーバーを構築されていない場合のデータバックアップはまずクライアントPCのデータバックアップ対策が第一歩です。

起こるであろう東海・東南海・南海地震の備えとしてご検討下さい!

弊社では、データバックアップ対策をお客様のニーズに合わせてご提案しております。例えばデータの種類や用途、データ量、クライアントPCの台数などデータバックアップ対策を行う際にこれら情報をお聞きし安価で最適な方法をご提案いたします。

    ご相談は無料!お気軽にお問い合わせください。

こんな要望にも対応しております。
 ▼ハードディスクを増設したい!
 ・今使っているデスクトップパソコンにハードディスクを増設したい。
 ・今使っているデスクトップパソコンにハードディスクを増設し、それにOSをインストール
  して仕事用とプライベート用に分けて使いたい。
 ・デスクトップパソコンのハードディスクをSSDに交換したい。
 ・ノートパソコンのハードディスクをSSDに交換したい。


 ▼パソコンの性能UPもしくは機能増強が必要!?
 ・パソコンでファイルを沢山開くと動作が遅くなり画面が固まって動かなくなることがある。
 ・「ハードディスクの空き領域が足りません」と画面に表示され、データ保存が出来ない。

 ・CADをインストールして使うと動作が遅くなった。線がぼやけて見えるように感じる。
 
・今使っているデスクトップパソコンにハードディスクを増設したい。

 ▼パソコンにバックUP機能を増設したい!

 ・今使っているデスクトップパソコンに自動バックアップ機能をつけたい。
 ・仕事で使うデータのみ定期的にバックアップしたい。
 ・ノートパソコンのデータを自動で定期的にバックアップしたい。



HDDからSSDへの換装

HDDをSSDに換装するとパソコンは速くなります。少し古いパソコンでも、CPUによるネックが大きくなければHDDをSSDに交換することで、処理速度が大幅に改善される可能性があります。

❖ 弊社で実験した結果 ❖
業務で使っているパソコンのHDDをSSDに換装して、起動時間を測ったところ、なんと70%以上も短縮しました。
また、起動時間だけでなく、アプリケーションソフトの動作やレスポンスが速くなり、安価な最新パソコンより処理速度が速くなっていると思います。

テストで使用したパソコンスペックは以下の通りです。
 使用PC:Dell Optiplex 390(2013.6 購入)
 Module:Windows7(Pro 64bit)
 CPU:第2世代 Intel Corei5 2400 3.10GHz
 メモリ:4GB×2
 HDD:東芝 2.5inchi SATA 6.0 Gb/s
 SSD:SAMSUNG 860EVO SATA 2.5inchi 500GB

❖ インターネット速度試験結果 ❖
 SSD換装後のテスト結果です。
 ・インターネット回線:NTT フレッツ光
 ・サーバー:Tokyo
 ・ダウンロード:419.1Mbps
 ・アップロード:97.5Mbps
 ・レイテンシン:25.0ms
 ・評価結果
    インターネット速度は非常に高速です。

回線はNTT フレッツ光回線ですが、HDDのときの評価は「普通」でした。SSDに換装した結果、体感できるくらい大きく改善されました。

※実験結果について
弊社PC事業部独自の実験結果であり動作を保証するものではありません。



修理・メンテナンス等のご依頼方法

ご依頼方法は3通り!
 1.お近くの方や直接相談したい方は、専門スタッフのいる時間をお電話で確認のうえお持ち
   込みください。詳しくは「パソコン修理 持ち込みガイド」をご覧下さい。
 2.重たいパソコンを運べない・お身体の不自由な方など、お持ち込み困難な場合は出張サー
   ビスをご利用ください。
   詳しくは「パソコン修理 出張サービスガイド」をご覧ください。
 3.ご遠方の方やお仕事の都合などで弊社へ持ち込めない方は宅急便でお送りください。
   詳しくは「 パソコン修理宅配サービスガイド」をご覧ください。



持ち込み  出張サービス  宅配サービス






PC事業部ご案内 |ご利用規約  お買いものガイド  無料診断フォーム  
          修理のお申込み  お問い合わせ  特定商取引に基づく表記
弊社からのご紹介 |LAN構築例  サーバー構築例
インフォメーション出張サービス・料金  過去の修理実績  主な取扱いメーカー
ご依頼方法    |持ち込みサービス  出張サービスガイド  宅配サービスガイド
お見積り依頼   |パソコン等お見積依頼  工事お見積り依頼
PCサービス概要 |修理サービス他  保守メンテナンスサービス
          産業用パソコン修理  LAN・サーバーシステム工事
          産業・工業用パソコンメンテナンス
          パソコン機能増強・性能強化サービス
          中小企業様個人事業主様向けパソコンサポートサービス
過去の修理事例  |業務・産業用パソコン修理関連  産業用液晶モニタ修理関連  
          産業・工業用電子機器修理関連  データ復旧関連
パソコン関連販売 |IDK-PC SHOP  ご注文販売    
関係先リンク   |㈱日本HP  日本ヒューレットパッカ-ド㈱  DELL




 

バナースペース

株式会社アイデザイン研究所

〒510-0226
三重県鈴鹿市岸岡町2877-1
サンビレッジ千代崎1-E号

TEL 059-386-2121
FAX 059-367-7171

営業時間 9:30~18:30
定休日  土曜日・日曜日
     ・祝日

臨時の営業日もございます。
詳しくはカレンダーにてご確認ください。